田舎がえ‪り‬

発行者による作品情報

この作品は書いている、林芙美子(はやしふみこ、1903年(明治36年)12月31日 - 1951年(昭和26年)6月28日)は、日本の小説家。物心ついた小学生時代に貧しかった生い立ちからか、底辺の庶民を慈しむように描いた作品に、ことに名作がある。この作品は底本の「林芙美子随筆集」では「「文芸収集」としてまとめられている。初出は2003(平成15)年2月1日。「田舎がえり」には何時の日か金の値うちがなくなり、田舎をたよりにしないと誰が云えよう。そう云う暮らしに早く帰って来たいとおもった。自分で食べるものをつくって暮らすのは愉しいことだろうとおもった。地酒をよばれ一泊して尾道へ帰った。

ジャンル
小説/文学
発売日
2007年
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
12
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16
KB

林芙美子の他のブック

1954年
2013年
2015年
2007年
1942年
1981年

カスタマーはこんな商品も購入

1953年
2015年
1973年
1956年
1927年
1920年