男という名の絶望 病としての夫・父・息子 男という名の絶望 病としての夫・父・息子

男という名の絶望 病としての夫・父・息‪子‬

    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

現代社会において男性を取り巻く環境は凄まじい勢いで変化し、男たちを追い込んでいる。理不尽なリストラ、妻の不貞、実母の介護、DV被害……彼らはこれらの問題に直面して葛藤し、「男であること」に呪縛され、孤独に苦しんでいる。そのつらさや脅えは〈病〉と呼んでも過言ではない。「男であること」とはいったいなんなのか? 市井の人々を追跡取材するジャーナリストが、絶望の淵に立たされた男たちの現状を考察し、〈病〉を克服するための処方箋を提案する最新ルポ。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2016年
3月29日
言語
JA
日本語
ページ数
207
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
795.4
KB

奥田祥子の他のブック

男性漂流 男たちは何におびえているか 男性漂流 男たちは何におびえているか
2015年
捨てられる男たち 劣化した「男社会」の裏で起きていること 捨てられる男たち 劣化した「男社会」の裏で起きていること
2021年
男が心配 男が心配
2022年
男はつらいらしい 男はつらいらしい
2007年
「女性活躍」に翻弄される人びと 「女性活躍」に翻弄される人びと
2018年
夫婦幻想 ──子あり、子なし、子の成長後 夫婦幻想 ──子あり、子なし、子の成長後
2019年