• ¥250

発行者による作品情報

狙った男に狙わせる!

男の究極のコントロール術を伝授!


【まえがきより抜粋】

モテの先には恋愛があり、それもまた濃度によって違いが出てくる。

薄い恋愛ほどつまらないものはない。それを見て見ぬふりしたところで良い結果は得られない。

自分の気持ちはけっしてごまかさず、相手の男性には「カノジョの望みは必ず叶えてあげたい」くらいに想っていただかないと!

恋愛力を高めて、手応えのある恋愛のみいたしましょう。アナタが狙った男にこそ狙わせなければ、意味はないのである。


【内容】

手応えのある恋愛以外は華麗にスルー――まえがきに代えて

第1章 恋愛の向こう側

「愛は冷める」は、もはや前提

恋愛が与えてくれるもの

男は浮気したがり、女は愛着を求めるワケ

恋愛に燃えにくくなったワケ

明暗を分けるロスジェネ世代

不況から生まれる勝ち組

子供は最重要ファクター

第2章 狙った男に狙わせる

その場しのぎの悲劇

妥協恋愛しないコツ

恋する鈍感力

愛しくオイシイ、妹分

手間がかかる女ほどカワイイ

大きな頼みごとにつなげるコツ

「ここ知ってる」は禁句

パフューム加減に注意

不幸アピールに、男は何を思うか?

信憑性を高めるホメ方

女が仕掛け、男がキメる

「恋人と結婚相手は別」とは考えない

束縛は本当にウザイか

可愛い嫉妬というスパイス

第3章 結婚を決断させる

恋愛スキルは何のためにあるか?

デキる男が重宝する女とは

料理の腕がつかむもの

男の究極のコントロール術

「強い」と「しっかり」の違い

稼ぐ女が持つべきはどんな男か?

長すぎる春を戒める

最後に女は独りになる


【著者略歴】

檀れみ(だん・れみ)

東京都出身。OL、ライター、銀座高級クラブホステスを経て作家に転身。独自の語り口と鋭い洞察力で各メディアから注目を集めている。

著書には『こんな男に女は惚れる

大人の口説きの作法』(講談社)、『ダイエット・パラダイス』『冷たい熱帯魚』『幸運をはこぶお陰さま』(以上、幻冬舎)、『女の仕掛け』(アメーバブックス新社)、『LOVE&JOB

賢い女の社交術』(主婦と生活社)、『テッパン男』(ヴィレッジブックス)などがある。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014年
5月8日
言語
JA
日本語
ページ数
59
ページ
発行者
CLAP
販売元
JUMPEI TAKEDA
サイズ
818.9
KB

檀れみの他のブック