発行者による作品情報

葛飾北斎画の江戸名所絵本。大本3巻合1冊。当該本は刊記を欠くが、通常、見られるのは享和2年(1802)春、蔦屋重三郎他3軒連記のものである。極彩色摺り。初板は、北斎の本格的な絵本の魁として、寛政11年(1799)春、『東遊』の書名で、蔦屋から墨摺りの絵入り狂歌本として出された。当該本は、その絵丁だけを集めて、順番を改め、彩色を施し、江戸名所絵本として再生させたもの。浅草菴の序は、年記部分を享和2年正月に改変しただけで、あとは初板に同じ。そのため江戸の名所を「なにかしか絵にうつさせ、例の友とちのされことを物して」云々とあるうち、「なにかし」(北斎)に写させたとするのはよいが、仲間の「されこと」(狂歌)を集めたというのは、中身と齟齬がある。絵は、芝神明春景、日本橋以下、人の表情が判別できない、細密な線描による景観図が大半を占める。佃白魚網の千石船、新吉原仲の町の花見、その他、後続の名所絵に与えた影響は大きく、半丁図の日本橋長崎屋の阿蘭陀人図や蔦屋の店頭図は有名である。半井卜養、英一蝶その他、画中の賛も注目すべきであろう。(鈴木淳)〈参考文献〉永田生慈編『北斎の狂歌絵本』1988年11月、岩崎美術社。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)


このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。


タイトルヨミ:エホン アズマアソビ

著者標目:浅草庵市人, 1755-1820、葛飾北斎, 1760-1849

著者ヨミ:アサクサアンイチンド、カツシカホクサイ

出版年月日:1802

種類:地誌

ジャンル
旅行
発売日
2016年
2月29日
言語
JA
日本語
ページ数
63
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
122.2
MB