畜犬‪談‬

伊馬鵜平君に与える

    • 4.3 • 91件の評価

発行者による作品情報

『畜犬談(―伊馬鵜平君に与える―)』は、日本の小説家太宰治。この作品は底本の「「日本文学全集70 太宰治集」集英社」では「文学・古典」としてまとめられている。初出は「文学者」1939(昭和14)年8月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1943年
8月2日
言語
JA
日本語
ページ数
22
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
20.5
KB

カスタマーレビュー

にゃりりんと

ユーモアとペーソス

そして犬への愛にあふれている。

光と言う

好きではない

あんまり面白くなかった

白熊羊

面白い!!

太宰治らしさが出てて凄くいい!!

太宰治の他のブック

1952年
1992年
1992年
1949年
1943年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

1925年
1920年
1924年
1921年
1952年
1929年