• ¥800

発行者による作品情報

熱波や大雪,「経験したことがない大雨」など人々の意表をつく異常気象は,実は気象の自然な変動の現れである.しかし将来,温暖化の進行とともに極端な気象の頻度が増し,今日の「異常」がやがて「平年」となる世界がやってくる.IPCC報告書の執筆者が,異常気象と温暖化の関係を解きほぐし,変動する気候の過去・現在・未来を語る.

ジャンル
科学/自然
発売日
2015
3月20日
言語
JA
日本語
ページ数
146
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.9
MB