発行者による作品情報

「病牀譫語」は明治時代に活躍した日本の俳人、歌人、国語学研究家である正岡子規のエッセイ。初出は「日本附録週報」[1899(明治32)年]。この作品は底本の「飯待つ間」[岩波文庫、岩波書店、1985(昭和60)年]に収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1899
3月12日
言語
JA
日本語
ページ数
15
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
21.2
KB

正岡子規の他のブック