• ¥320

発行者による作品情報

さっと読めるミニ書籍です(文章量14,000文字以上 15,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の28ページ程度)



【書籍説明】

あなたは「社会人になると答えのない問いに答えを出さなければならない」という主張を耳にしたことがあるでしょうか? おそらく多くの方がこの主張を過去に耳にしたことがあるか、もしくは自ら口にしたことがあるかと思います。では、これは本当なのでしょうか?

社会生活を送る上で答えのない問いに出くわすことが多々あるということには私も同意します。では、社会人になる以前に我々が答えを出してきた問いは、本当に答えのある問いだったのでしょうか。それは「答えのある問い」ではなく「答えを与えられた問い」なのではないか? 事実を知ったのではなく、これが事実なのだよと教えられただけなのではないか? 本書はこのような観点から、私たちが当然のこととして受け入れている事がらに対して、大胆な発想の転換を試みるものです。これを読んであなたの思考に何らかの変化が訪れたのなら、本書の目的は果たされたと言ってよいでしょう。



【目次】

第一章 焦点について

第二章 前提条件について

第三章 真実について

第四章 人生について

第五章 発想の転換





【著者紹介】

仁藤欣太郎(ニトウキンタロウ)

トレーナーとしてフィットネス業界で働く傍ら、ライターとして健康、運動、ダイエット関連の記事を多数執筆する。株式会社まんがびとから暗記法や人間関係に関する著作を出版しているほか、趣味でWeb小説の執筆なども精力的に行っており、その射程範囲は広い。

… 以上まえがきより抜粋

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2017
2月23日
言語
JA
日本語
ページ数
25
ページ
発行者
まんがびと
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
742.5
KB

仁藤欣太郎 & MBビジネス研究班の他のブック

このシリーズの他のブック