• ¥880

発行者による作品情報

◎「変わってる」「生きづらさ」は強みになる!

発達障害だろうがなんだろうが、オリジナリティのある人が強い。
逆にすべての能力が平均的で、
マスプロダクションにしか適合できない優等生は相当ヤバイのだ。
これからの時代は、周りの人たちと違ってナンボなのである。

--------------------------------------------------------------------------------------

元マイクロソフト日本法人社長の著者は、
小学生の頃、教室の中をふらふらと歩き回り、
勝手にどこかへ行ってしまうこともあった。

「頭がおかしいのではないか」と心配され、
母親と一緒に何度も教育委員会に呼ばれた。

ビル・ゲイツ氏をはじめ、かつてのマイクロソフトの幹部たちは、
不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(すぐに行動してしまう)など、
発達障害の特徴を持ち合わせた人ばかり。

だたし、「衝動性」も「すぐ行動する」と考えれば、強い武器になる。
自らの実体験をもとに発達障害を武器にする術を教えてくれる。

精神科医の和田秀樹氏と香山リカ氏との対談を収録。

ジャンル
職業/技術
発売日
2018
2月5日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
SBクリエイティブ
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
5.2
MB

カスタマーレビュー

HIDEKI.M.23.J

次に来るのは自分!

時間の流れが速くなるにつれ、どこかで時代に追い抜かれたと思う瞬間が来ても、元々自分の中にある先進性を見つける事が出来れば、これからもずっと楽しみは尽きない。自分自身を多面的に見られる事こそが、これからの時代に必要な要素になる事を教えてもらった気がした。

成毛眞の他のブック