白‪痴‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥540
    • ¥540

発行者による作品情報

白痴の女と火炎の中をのがれ、「生きるための、明日の希望がないから」女を捨てていくはりあいもなく、ただ今朝も太陽の光がそそぐだろうかと考える。戦後の混乱と頽廃の世相にさまよう人々の心に強く訴えかけた表題作など、自嘲的なアウトローの生活をくりひろげながら、「堕落論」の主張を作品化し、観念的私小説を創造してデカダン派と称される著者の代表作7編を収める。

ジャンル
小説/文学
発売日
1949年
1月3日
言語
JA
日本語
ページ数
271
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

坂口安吾の他のブック

1952年
1947年
1950年
1951年
2004年
1950年