• ¥630

発行者による作品情報

傾いた家のために財閥の妾となった泉美、貧しさ故に芸妓として売られた姉妹の菊代と雛代、奉公先で書生の子どもを身籠る千恵子、豪奢な屋敷で愛に飢える県知事令嬢の和江。人生を選びとることも叶わず、女は明日死ぬかも判らぬ男を想うしかなかった時代──戦前から戦後の不自由さを吸い上げ、荒野の日本で美しく野性的に生を全うした彼女たちが咲かす、ドラマティックな恋の花。

ジャンル
小説/文学
発売日
2010
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
271
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
911.8
KB

宮木あや子の他のブック