白髪小‪僧‬

    • 4.0 • 4件の評価

発行者による作品情報

明治時代のは日本の禅僧、陸軍少尉、郵便局長、小説家、詩人、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家夢野久作。『白髪小僧』は底本の「「夢野久作全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。本書で登場するのは、「第一篇 赤おうむ」「第二篇 水底の鏡」「第三篇 宝蛇」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1926年
11月2日
言語
JA
日本語
ページ数
180
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
149.5
KB

カスタマーレビュー

アナトー

リンチ的世界

リンチの『ロストハイウェイ』や『マルホランドドライブ』や『インランドエンパイア』が好きなら、きっと気に入る。特に、「物語に憑かれる」というモチーフが『インランドエンパイア』に一番近い気がする。物語とはフィクション。フィクションとは人間が生きる世界そのもの。でも未完なのかな?

夢野久作の他のブック

1996年
1940年
1996年
1936年
1932年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

1896年
1940年
1993年
1996年
2015年
1943年