発行者による作品情報

江戸から明治への転換期にあって、伝統的な話芸に新たな可能性を開いた落語家三遊亭円朝の落語速記。「圓朝全集巻の一」[春陽堂、1926(昭和1)年]所収。金貸しの宗悦が深見新左衞門に斬り殺されるところから始まる。時を経て、宗悦の娘園は新左衞門の長兄新五郎に殺され、宗悦のもう一人の娘豐志賀も父の仇の息子とは知らず、新五郎の弟新吉と深い仲になり、嫉妬に身を焦がし、ついには自害する。この端緒から以後、複雑に因果が絡み合った因縁噺が展開していく。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1967
6月11日
言語
JA
日本語
ページ数
419
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
386
KB

三遊亭圓朝 & 鈴木行三校訂編纂の他のブック