真説 老子:世界最古の処世・謀略の‪書‬

    • ¥1,800
    • ¥1,800

発行者による作品情報

「あるがままでいい」とは

「何もしない」ことではない。


『孫子』『韓非子』など後の中国思想に決定的影響を与えた

『老子』には本当は何が書かれているのか――。

中国はもとより、日本においても『老子』を

処世・謀略の書として読むことは一つの伝統だった。

しかし、そうした読み方は今や完全に失われていると言っていい。

本書では『老子』を徹底的に「成功」のためのリアリズムの書として読み解き、

乱世に生まれた処世と謀略の理論を現代によみがえらせる。


<目次より>

1章「あるがままでいい」というウソ──封印された『老子』謀略術

2章「道」は成功者を必ず殺す──『老子』が喝破した世界の仕組みとは?

3章『老子』とは「道」を利用した戦略である──「反」と「柔弱」

4章「足るを知る」本当の意味──人間の欲望が生死を分ける

5章「王」はいかに人を動かすべきか──権力と敵意の構造

6章「隠君子」という生き方──なぜ真の成功者は隠れているのか

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2022年
9月28日
言語
JA
日本語
ページ数
367
ページ
発行者
草思社
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
6.6
MB

高橋健太郎の他のブック

2015年
2017年
2016年
2017年
2015年
2022年