発行者による作品情報

『眼を開く』は、日本の禅僧、陸軍少尉、郵便局長、小説家、詩人、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家夢野久作。この作品は底本の「「夢野久作全集4」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。初出は「逓信協会雑誌」1935(昭和10)年10月号。

ジャンル
小説/文学
発売日
1939
10月2日
言語
JA
日本語
ページ数
17
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.2
KB

夢野久作の他のブック