知識ゼロからの科学史入門 知識ゼロからの科学史入門

知識ゼロからの科学史入‪門‬

    • ¥1,200
    • ¥1,200

発行者による作品情報

科学の歩みの特徴は、「疑い」と「積み上げ」にある。まず、ある現象を目の前にして、「なぜ、そうなるのだろうか?」と疑いを持つことから始まる。それを説明するために考えた仮の理由を「仮説」といい、インスピレーションが働いて素晴らしいアイデアへと発展することも。本書を読めば、いろいろな科学の分野について、現在正しいとされている理論が、どのように誕生し、どのような積み上げの中で鍛えられてきたか、科学の歴史が手に取るようにわかる!

ジャンル
科学/自然
発売日
2013年
3月7日
言語
JA
日本語
ページ数
189
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
38.6
MB

池内了の他のブック

宇宙論と神 宇宙論と神
2014年
疑似科学入門 疑似科学入門
2008年
なぜ科学を学ぶのか なぜ科学を学ぶのか
2019年
宇宙入門 138億年を読む 宇宙入門 138億年を読む
2015年
「自由」の危機 ――息苦しさの正体 「自由」の危機 ――息苦しさの正体
2021年
科学者と戦争 科学者と戦争
2016年