• ¥1,300

発行者による作品情報

そもそも骨董・アンティークとは?
西洋・日本の傑出した逸品、店主が絶対売りたくない骨董から、プロが教えるQ&Aまで
西洋アンティークの草分けである著者による、最新骨董・アンティーク事情

【もくじ】
序章 そもそも骨董・アンティークとは?
●アンティークとは製造されて100年以上経過したもの
●古いだけのものと、値がつく希少価値のもの
●コラム 「値段」はあってないようなもの ほか

1章 心ときめく彩りと光 西洋アンティーク
●ジュエリーとアクセサリー
●最近人気の「シャビーもの」
●コラム マイセンの贋作 ほか

2章 秘めた技と慈しみの心 日本の骨董
●掛け軸と日本画
●サンゴ・象牙・翡翠
●コラム 直せるものと直せないもの ほか

3章 骨董・アンティーク店主が絶対に売りたくない逸品
●ミュシャのリトグラフ
●ティファニーの純銀ジャポニズムティーポット
●コラム 他人の使ったものはイヤ! ほか

4章 見て、触って、使って、楽しむ! [最新]骨董・アンティーク事情
●海外で商品を買うときの注意点
●店の選び方・接し方、教えます
●コラム ヨーロッパ「蚤の市」の穴場 ほか

5章 プロが教える! 初心者のための基本知識Q&A
●Q 100年前のマイセンを売りたいが、どこで、いくらぐらいで、買い取ってくれる?
●Q 祖父の遺品を整理していたら、古そうな掛け軸がいっぱい出てきた。これって、売れるの?
●コラム 顔があるものーー人形コレクターの特別な思い ほか

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2020年
7月8日
言語
JA
日本語
ページ数
164
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
48.4
MB

岩崎紘昌の他のブック