• ¥710

発行者による作品情報

周次郎の女房のおきみが失踪した。実家の大店の質屋『甲州屋』の差金だと考えた周次郎は、亡父の今際の際の言葉を手がかりに、甲府へ女房捜しに向かう。だが、旅の途中、謎の刺客に襲われる。一方、悪質な金貸し妹尾別当を探る青柳剣一郎は、妹尾と『甲州屋』の関係を語る家訓に違和感を覚えていた。やがて江戸で起きた破落戸の連続殺しが、新たな事件の始まりに…!

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
8月8日
言語
JA
日本語
ページ数
176
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.7
MB

小杉健治の他のブック

このシリーズの他のブック