発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、石川啄木は(1886年2月20日 - 1912年4月13日)は、日本の詩人である。在学中に《明星》系の浪漫主義文学に触れて詩人を志し,1905年,愛の至上性を歌う詩集《あこがれ》を刊行し,天才少年詩人の名をはせた。1910(明治43)年12月1日、雑誌や新聞に発表した短歌など551首を載せた第一歌集「一握の砂」を発刊。1首を3行書きにしたことや編集の巧みさが評価される。この作品は底本の「硝子窓」では文学・評論としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1914
6月1日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.1
KB

石川啄木の他のブック