• ¥1,400

発行者による作品情報

正しい読解力 = 客観的に文章が読める力は、
ただやみくもに文章を読んだって、身につかない。

●本は読んだ方が得をする?

社会人になると、
自分の責任でモノを買ったり職業を選んだりできる方々ですよね。
自分の責任であれこれできる。
これを簡単にいうと『自由だ』ってことです。
だから学ぶのも自由です。
でもこれ、いいかえれば、何を学ぶか、どんな風に学ぶかも、
自分自身で決めなければならないってことです。

読み解くコツを知るには、ちょっとした訓練が必要です。
どんな文章にも、必ず「読解のヒント」が隠されています。
それを見つけ出せるか、気がつくかが大きなポイント。

「講義」と「例題」と「解説」を使って、
ヒントに気がつく力と、文章を読み解く力をトレーニングしましょう。

正しく読めれば、文章を読むのが楽しくなり本質が見えてくる。
本も報告書もSNSもラクラク読めるようになる「読解力」が身につきます。

■問題■

17歳までの私の人生ときたら、ろくなものじゃなかった。

↑↑↑

この文に書かれていないことで、この文から確実にわかることはなんですか?

■目次

・正しく読むってどういうこと?―――主観と客観

・論理的であるということ――――――論理的に文章を読み取る

・内容の99%はここでわかる――――タイトルの重要性

・時の流れに気をつけて―――――――回想を乗り切れば小説は楽しめる

・大切なことは繰り返される―――――ポイントの見つけ方

・プロはひねって繰り返す――――――言葉・表現の言い換え

・文章はグッチュグッチュ――――――具体的と抽象的

・評論分はシュコンシュコン―――――主張と根拠の繰り返し

・舞台が変わればお話変わる―――――場面の変化に気をつけて

・わずか100万? 1億ぽっち?――主観判別語のマスター

・それは事実でそいつは考え―――――事実と考えを区別する

・舞台背景? それとも感情?――――情景描写と心理描写

・ココロはこうして読み取るべし―――登場人物の感情の読み取り方

・それってすごいの?すごくないの?――絶対と相対

・個性的? いやひょっとして、ただのバカ?―――普遍と特殊

・これ? それ? あれ? どれ?―――指示語をマスターする

・そこまではいえるけど…――――――行間の読み方 裏を読む

・譲歩を本気にしない――――――――本音は譲歩のあとにある

■著者 後藤武士

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2019
3月8日
言語
JA
日本語
ページ数
223
ページ
発行者
キニナルブックス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.4
MB

後藤武士の他のブック