• ¥1,000

発行者による作品情報

「ぼくたちはルソーの語る意味での主権者なのだろうか、それともルソーが嘲笑したように、選挙のあいだだけ自由になり、そのあとは唯々諾々として鎖につながれている奴隷のような国民なのだろうか」(訳者あとがき)。自由とは、平等とは、そして民主主義ってなんだろう? フランス革命を導き、世界史を動かした歴史的著作の画期的新訳。本邦初訳の「ジュネーヴ草稿」も収録。

ジャンル
政治/時事
発売日
2008
9月20日
言語
JA
日本語
ページ数
457
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
1.4
MB

ルソー & 中山元の他のブック