• ¥740

発行者による作品情報

はじめに

第1章 お金から見える世界

第2章 異国で働く人々

第3章 人生観が変わる場所

第4章 共産主義国への旅

第5章 ビーチリゾートの旅

第6章 世界の美術館

第7章 古代遺跡の旅

第8章 恵まれすぎの南欧諸国

第9章 変貌するアジア

第10章 豊かであるという実感

さいごに 旅をより楽しむために

若者の海外旅行離れについて~あとがきにかえて

文庫化に寄せて すべての人に「希望や自由や選択肢のある人生」を

ジャンル
健康/心と体
発売日
2014
8月7日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
大和書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
13.1
MB

カスタマーレビュー

watakenn3

視点を動かす大切さ

日本は画一的な視点で物事を見るのが良い。世渡りを考えるならむしろ多角的な視点で物事を考えるのは危険とさえ言える。

本書は「当然だけどそんな固定視点じゃ世界を楽しめないよーん」と気がつかされる本だ。

反面、内容はそこまで深くない。身近でお手軽な話題を「海外という視点を通すとここまで変わる!」内容であり、文化的な違い等のディープな話題には触れられていない。ちきりんの比較文化論を期待した方は肩透かしくらいます。

ゆるく読みましょう

ちきりんの他のブック