神々の権能を操りし者 ~能力数値『0』で蔑まれている俺だが、実は世界最強の一角~ 神々の権能を操りし者 ~能力数値『0』で蔑まれている俺だが、実は世界最強の一角~
ブック第1巻 - 神々の権能を操りし者 ~能力数値『0』で蔑まれている俺だが、実は世界最強の一角~

神々の権能を操りし者 ~能力数値『0』で蔑まれている俺だが、実は世界最強の一角‪~‬

    • 4.5 • 6件の評価
    • ¥750
    • ¥750

発行者による作品情報

『能力者』と呼ばれる超常の力を持つ者が現れだして百余年。時を同じくして出現した異形の怪物によって世界は混沌に満ちていた。残念ながら怪物には現代兵器は無力で、能力者の力だけが頼りとなり、いつしか能力の強さを示す“能力数値”が社会的な地位や名誉に大きく影響するようになっていた。そんな世界で生きる柳隼人の数値は、なんと『0』。おかげで無能力者として虐げられて生きてきた隼人であったが、実は彼には簡単に怪物を捻じ伏せる別次元の力が秘められていたのである!! 少年の真価が発揮されたとき、世界が放っておくはずがなく――。これは無能力とされた少年が、理不尽な世界に抗いながらも世界を救う物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
280
ページ
発行者
集英社
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
9.5
MB

黒 & 桑島黎音の他のブック

カスタマーはこんな商品も購入

ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた
2020年
∞射程魔術使いの俺は、やがて学園の頂点へ ∞射程魔術使いの俺は、やがて学園の頂点へ
2021年
無気力ニートな元神童、冒険者になる 1 ~「学生時代の成績と実社会は別だろ?」と勘違いしたまま無自覚チートに無双する~ 無気力ニートな元神童、冒険者になる 1 ~「学生時代の成績と実社会は別だろ?」と勘違いしたまま無自覚チートに無双する~
2022年
世界最強騎士団の切り札は俺らしい 無敵集団の中で無能力者の俺が無双無敗な理由 世界最強騎士団の切り札は俺らしい 無敵集団の中で無能力者の俺が無双無敗な理由
2021年
ブラコンの姉に実は最強魔法士だとバレた。もう学園で実力を隠せない ブラコンの姉に実は最強魔法士だとバレた。もう学園で実力を隠せない
2023年
「無能はいらない」と言われたから絶縁してやった ~最強の四天王に育てられた俺は、冒険者となり無双する~ 【電子特典付き】 「無能はいらない」と言われたから絶縁してやった ~最強の四天王に育てられた俺は、冒険者となり無双する~ 【電子特典付き】
2021年

このシリーズの他のブック