• ¥2,600

発行者による作品情報

『精神科講義』に続く姉妹編。本書は前書と違い、医師や研究者を目指す医学部学生に向けて行われた大学での講義録である。自身の体験をもとに精神医療現場での治療や診断の問題点について語る内容は、マニュアル偏重主義の現代医療全体への痛烈な批判ともなっている。医師は、どんな状況でも患者のために何かできねばならないという強い信念と、後輩たちへの温かいエールに満ちた本書を、医学領域で生きるすべての援助者・研究者の方たちに贈りたい。

ジャンル
職業/技術
発売日
2013
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
312
ページ
発行者
創元社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.1
MB

神田橋條治, 黒木俊秀 & かしまえりこの他のブック

このシリーズの他のブック