神道に現れた民族論‪理‬

    • 4.0 • 5件の評価

発行者による作品情報

『神道に現れた民族論理』は、1887年(明治20年)2月11日 - 1953年(昭和28年)9月3日、日本の民俗学者、国文学者、国語学者、折口信夫の作品。釈迢空と号した詩人・歌人でもあった。初出は「神道学雑誌 第五号」1928(昭和3)年10月。この作品は「宗教と精神性」に関して書かれている。

ジャンル
宗教/スピリチュアル
発売日
1932年
10月2日
言語
JA
日本語
ページ数
31
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
32.1
KB

折口信夫の他のブック

1943年
2001年
1932年
1931年
1933年
1930年

カスタマーはこんな商品も購入

1996年
2015年
1998年
1929年
2016年
2015年