• ¥550

発行者による作品情報

「ぼうず、おかえり……」12歳の少年・棟像貢太郎(むなかたこうたろう)は、近所の老人が呟く言葉に不吉な予感を覚えていた。両親を事故で亡くし、祖母と越してきた東京郊外の家。初めての場所のはずなのに、知っている気がしてならないのだ。そして、怪異が次々と彼を襲い始める。友達になった少女・礼奈(れな)とともに探り出した、家に隠された戦慄の秘密とは?

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2007
7月20日
言語
JA
日本語
ページ数
246
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

カスタマーレビュー

こな

途中までは面白かったのに...

主人公が図書館で昔の事件を知った辺りまでは、じわじわと恐怖がのし掛かる感じが怖くて怖くて面白くなってきたのに...いよいよと言う時に、作者が別人になったのかと思うくらい印象が変わりました。好みの問題かも知れませんががっかりしました。

三津田信三の他のブック