• ¥1,800

発行者による作品情報

狩秋人は未踏峰チャムガランガへの挑戦を控え、準備に余念がない。勇名を馳せた登山家の父・義之がついに制覇できなかった山である。義之は息子に夢を託して引退、この期に及んで登山隊の後援をやめると言った会社重役を殺害する(「未完の頂上」)。動物をこよなく愛する佐々千尋はペットショップの経営者。血の繋がらない弟は悪徳ブリーダーで、千尋の店が建っている敷地を売ろうとする。そもそも動物虐待の悪行に怒り心頭だった千尋は、弟を亡き者に……(「幸福の代償」)。「この勝負、絶対ゆずれない」食い下がる犯人をとことん追い詰める!手加減しない名刑事、今日も徹夜で捜査する。『福家警部補の挨拶』に始まる、倒叙形式の本格ミステリ第四集。※2014年より配信しておりました「福家警部補 未完の頂上」を改稿した「未完の頂上」を収録しております。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2015
4月24日
言語
JA
日本語
ページ数
249
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.5
MB

大倉崇裕の他のブック

このシリーズの他のブック