• ¥550

発行者による作品情報

人間は孤独の中に生き、孤独の中で死んでいく……。石川文学の底を流れる〈人間の孤独感〉は、母親の死を契機に、他人の飯を喰う境遇につきおとされた主人公の幼い心に早くも芽生える……。自我に目覚めはじめる少年期の多感な心の軌跡を、透徹した眼でつづった長編小説文芸春秋読者賞受賞。

ジャンル
小説/文学
発売日
1971
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
214
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
576.6
KB

石川達三の他のブック