• ¥730

発行者による作品情報

雲、雨、雪、虹、台風、竜巻など空(気象)にまつわる、おもしろくてためになる知識をやさしく紹介。映画『天気の子』の気象監修者としても有名な荒木健太郎氏が、天気や気象にまつわるとっておきのネタを教えてくれます。積乱雲の自虐的ともいえる性質、虹は半円形ではないこと、雨滴のてっぺんはとがっていない……などなど、思わず「そうなんだ!」と思ってしまうようなトピックが盛りだくさん。子どもも大人も楽しく読むことができます。近年の豪雨、巨大台風、大雪にまつわる話題も豊富で、「天気・気象のなぜ?」が一気にわかります。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2021年
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
184
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
71.6
MB

荒木健太郎の他のブック