• ¥100

発行者による作品情報

「侏儒を人として迎えるか兵器として廃棄するか」


春華と公平の両親は侏儒の孤児を収容する施設の職員だった。

二人は雷太に自分たちと侏儒との関わり、そして半月村ついて語る。


異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第13話。

1997年から現在も執筆中の漫画シリーズ。

2005年5月のCOMITIA72にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌を電子書籍化。

第10回いっせい配信「創作同人2019年7月」参加作品。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2007
7月15日
言語
JA
日本語
ページ数
22
ページ
発行者
まるかふぇ電書
販売元
Multiple-cafe digital
サイズ
5.6
MB

砂虫隼の他のブック

このシリーズの他のブック