笑‪い‬

    • ¥800
    • ¥800

発行者による作品情報

古来多くの哲学者が人間を「笑うことを心得ている動物」と定義した。フランスの哲学者ベルクソン(一八五九‐一九四一)は,この人間特有の「笑う」という現象とそれを喚起する「おかしみ」の構造とを、古典喜劇に素材を求めて分析し、その社会的意味を解明する。生を純粋持続ととらえる著者の立場が貫かれた一種の古典喜劇論でもある。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1976年
11月16日
言語
JA
日本語
ページ数
214
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.5
MB

ベルクソン & 林達夫の他のブック

2016年
2003年
2003年
2022年