発行者による作品情報

『純情主義を想う』明治時代のは、小説家・児童文学作家小川未明。本名は小川健作(おがわけんさく)。「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれる。この作品は底本の「「芸術は生動す」国文社」では「文学・評論」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
4
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
9.2
KB

小川未明の他のブック