紛争地の看護師 紛争地の看護師

紛争地の看護‪師‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥790
    • ¥790

発行者による作品情報

戦場を照らすルポルタージュ。

2010年「国境なき医師団」に参加以来、20回近い海外派遣を経験した著者による生と死のドキュメント。

イラク、イエメン、南スーダンなど紛争地で看護師として活動した著者は、戦禍の市民に寄り添いながら為政者の愚かさを思う。医療で戦争は止められない――思い立った著者は一時はジャーナリストへの転身を考えるも、シリアで手術後の患者の笑顔に接し、自らの使命を確かめた。

単行本上梓後は現場から退き、採用などに携わる事務局職員となった。しかし、2021年、米軍撤退とともにタリバンが復権したアフガニスタンに渡ることに(文庫版新章)。

自分の命を危険にさらしてまで紛争に巻き込まれた人々の治療に当たってきた白川さんのこの本は、これからの世界を築くことになる子供たちにも読んで欲しいです。世界中で蔓延する暴力の連鎖を断ち切らないことには人類の未来は真っ暗です――ピーターバラカン氏推薦

彼女たちの存在と活動によって確実に救われる人がいる。救われる命がある――青木理氏が解説

※この作品は単行本版『紛争地の看護師』として配信されていた作品の文庫本版です。

(底本 2023年10月発売作品)

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2023年
10月6日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
4.4
MB

白川優子の他のブック