紫電改343

紫電改343(7‪)‬

    • 1.5 • 2件の評価
    • ¥760
    • ¥760

発行者による作品情報

昭和20年4月。
「剣部隊」の新たな任務は、
「菊水二号作戦」における突撃路啓開任務だった。
「菊水作戦」とは、いわゆる特攻作戦で、
米軍の沖縄上陸とその進軍、そして制圧を阻止するために行われた。
菊水は南北朝時代に朝廷側に立って足利尊氏と戦った楠木正成の旗印に由来する。
圧倒的な物的戦闘力に勝る米軍の進攻を阻止する日本軍としては、
兵士一人一人の命を武器とした特攻しか他に手段がないとの結論に達したのだ。
そして、この特攻作戦には通常の航空機だけでなく、
特攻用に開発された兵器もあった。
――――人間爆弾「桜花」である。

華々しい初陣を飾った第343海軍航空隊は、松山から鹿屋へと向かう。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2022年
8月23日
言語
JA
日本語
ページ数
188
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
90.2
MB

須本壮一の他のブック

2014年
2017年
2014年
2010年
2010年
2011年

カスタマーはこんな商品も購入

2023年
2023年
2022年
2023年
2022年
2022年

このシリーズの他のブック

2022年
2023年
2020年
2021年
2021年
2021年