絵本古鳥図賀‪比‬

    • 4.4 • 39件の評価

発行者による作品情報

耳鳥斎による風俗絵本。3巻。文化2年(1805)初春、大坂今津屋辰三郎ほか3軒連記。大本合1冊。世の中の様々なものを対偶的に捉え、互いにその番の妙を競わせるという趣向。滅窓の序にいうように、山東京伝の『絵兄弟』などに影響を受けたもので、題名の「図賀比」は番の意味。番とする題は、「しうぎ(祝儀)」と「ぶしうぎ」等の単純な対概念に加え、「さらへこう(復習講)」と「かねこう(鉦講)」、「だいさんもの(代参者)」と「おくびやうもの(臆病者)」、「たゆうしよく(太夫職)」と「しやくしかけ(杓子掛)」、「ちしや(知者)」と「ねんじや(念者)」等多様。登場する人物の醸す風情が、耳鳥斎特有の剽軽な筆致で描かれ、地口を交えた詞書は、その場の雰囲気をいっそう際立たせる。(鈴木淳)(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:エホン コトリ ツガイ
著者標目:耳鳥斎, 江戸中期
著者ヨミ:ジチョウサイ
出版者:河内屋喜平衛 ほか3名
出版年月日:1805

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2015年
9月25日
言語
JA
日本語
ページ数
71
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
129.3
MB

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年