• ¥450

発行者による作品情報

「私は20代の頃、インドのパル判事の『日本無罪論』(田中正明編・太平洋出版)を読みました。その時からずーっとこのような絵本を描きたいと思い続けてきたのです」(あとがきより)


日常の裏側に潜むモノをズバリとおもしろおかし描く、ナンセンス漫画の巨匠・二階堂正宏。

その著者が感じる幕末から昭和20年の敗戦の時までの100年間の歴史をユーモアたっぷり、そして真剣に描いた〝大人の絵本〟。

激動の時代を戦い抜いた先人たち…。彼らがいたからこそ、いまの日本があるのかもしれない。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018
4月27日
言語
JA
日本語
ページ数
77
ページ
発行者
HEW
販売元
HEW
サイズ
36.4
MB

二階堂正宏の他のブック