• ¥880

発行者による作品情報

すべての自由を圧殺していた軍国主義は、一九四五年八月十五日突然崩壊。著者は本郷の医学部にもどり再び研究生活に入る。やがて戦後文学の出発となった「一九四六年文学的考察」の発刊、フランス留学、アジア・アフリカ作家会議への参加と著者の足跡は広がり、折から起った日米安保条約反対の大運動はすべての日本人を巻きこんでゆく。

ジャンル
小説/文学
発売日
1968年
9月20日
言語
JA
日本語
ページ数
244
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.7
MB

加藤周一の他のブック

このシリーズの他のブック