• ¥550

発行者による作品情報

資本主義社会のカラクリとは?

産業革命以降、さまざまな商品で溢れかえる現代社会。経済バランスが崩れることが予想されるとしても、なお利益を追求する資本主義社会が抱える矛盾とは?なぜ不況が起こるのか?なぜ失業者が増え、貧富の差が広がるのか…?



『資本論』第1部をベースにした『資本論』の続編として第2部・第3部を漫画化。本書と併せてお読みください。



マルクス(1818~1883)/エンゲルス(1820~1895)

ともにドイツの共産主義者であり革命家。お互いに資本主義に関する考えを共有し、共産主義思想を打ち立てる。『資本論』第1部の主著はマルクスだが、第2部および第3部に関してはマルクスの遺稿を元にエンゲルスの手によって編集・出版された。その他の共著に『ドイツ・イデオロギー』がある。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2009
4月28日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
イースト・プレス
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
30.1
MB

マルクス, エンゲルス & バラエティ・アートワークスの他のブック