• ¥1,600

発行者による作品情報

『鬼龍院花子の生涯』『きのね』『藏』『天璋院篤姫』――私たちを夢中にさせた「宮尾ワールド」は本当に存在したのか!?

1979年、直木賞受賞。亡き父が生きた高知の遊郭や自らの戦中体験、梨園の裏側や史実などをベースに紡いだ物語は、次々とベストセラーに。昭和と平成を駆け抜けた国民的作家の横顔と、作品の秘密に迫る、衝撃のドキュメント。

【目次】
前書き
第一章 誕生会
第二章 ある噂
第三章 富田屋の跡
第四章 南国
第五章 同級生
第六章 学歴
第七章 『櫂』の世界
第八章 農家の嫁
第九章 二人の母
第十章 兄と妹
第十一章 満洲の少年
第十二章 『朱夏』の村
第十三章 テレビ出演
第十四章 借金二人三脚
第十五章 事 業
第十六章 家 出
第十七章 再婚
第十八章 太宰治賞受賞
第十九章 直木賞
第二十章 映画化
第二十一章 女流作家たち
第二十二章 きのね
第二十三章 最後の小説
第二十四章 帰郷
最終章 続・仁淀川

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.6
MB

林真理子の他のブック