緩和ケア医が、がんになっ‪て‬

    • 4.6 • 5件の評価
    • ¥1,200
    • ¥1,200

発行者による作品情報

緩和ケアに携わる身でありながら、萩原健一さんの命を奪ったのと同じ希少がんを患った医師、大橋洋平さん。初めて「患者として」実感した苦しみや気付きを朝日新聞に投稿し、大反響を呼んだ。消化液の逆流で一晩中椅子に座って眠ることを余儀なくされる地獄の日々。スプーン1杯しか食べられず、100キロあった体重が40キロ減って愛妻に当たってしまったこと……過酷な闘病と医学書には決して出てこない患者の真実を、得がたいユーモアを交えて明かす書き下ろし手記。

ジャンル
職業/技術
発売日
2019年
8月23日
言語
JA
日本語
ページ数
155
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2
MB

カスタマーレビュー

晃の母

大橋先生、ありがとうございます❗️

お医者様ががん患者になられて、その闘病中の自身と家族の葛藤、苦しさが克明に描かれています。ときおり、笑いもあり、涙もあります。とても温かい大橋先生のお人柄がよく分かりました。ご家族の愛情溢れるやりとりは私の胸を熱くしました。大橋先生、しぶとく行きましょう❣️私もともすれば下を向きがちですが、前向きに頑張ろうと思います。素晴らしいご本をありがとうございました。

大橋洋平の他のブック

2021年
2020年

カスタマーはこんな商品も購入

2019年
2018年