繚‪乱‬

    • 4.1 • 16件の評価
    • ¥1,700
    • ¥1,700

発行者による作品情報

新直木賞作家の真骨頂!大反響の黒川警察小説。


見さらせ、ど腐れども。そのシノギ、おれらが奪(と)ったる――名作『悪果』の相棒、堀内、伊達が復活。ふたたび、大阪を縦横無尽に疾駆する。策略と暴力がからみあい、腐れのスパイラルはノンストップで奈落へ。黒川警察小説の、これぞ真骨頂! 


かたや賭場摘発にからんで学校法人理事長を脅迫したことが発覚し、かたや愛人の“ヒモ"に刺され、ともに大阪府警を追われた、かつてのマル暴担コンビ堀内と伊達。競売専門の不動産会社に調査員として働く伊達は、ある日、出張で訪れた東京で、いまは無職の堀内を同業に誘い、二人は大阪に戻る。


調査物件は敷地900坪の巨大パチンコ店「ニューパルテノン」。だが調べるほどに、裏で極道や半堅気、警察OBらが寄ってたかって食いものにしている実態が浮かぶ。「パルテノンは金の生る木や」、気づいた二人は……。


2009年7月に刊行された『螻蛄』(新潮社)以来、著者3年ぶり、ファン待望の長編。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012年
11月16日
言語
JA
日本語
ページ数
397
ページ
発行者
毎日新聞社
販売元
THE MAINICHI NEWSPAPERS
サイズ
1.4
MB

黒川博行の他のブック

2000年
2014年
2014年
2014年
2014年
2016年

カスタマーはこんな商品も購入

2006年
2009年
2018年
2013年
2009年
2012年