発行者による作品情報

『羅生門』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1919
11月2日
言語
JA
日本語
ページ数
11
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
1.8
MB

カスタマーレビュー

なおぴのりぴ

完璧な作品

女盗人も男盗人もお互いに生きるためにやった事。誰がその事に文句を言うだろう。

&(p)z@yoxd

羅生門

面白かった

💎👍💎👍💎👍👺

面白かった

面白買ったです

芥川龍之介の他のブック