翻訳語成立事‪情‬

    • ¥880
    • ¥880

発行者による作品情報

かつて、この国に「恋愛」はなかった。「色」や「恋」と区別される“高尚なる感情”を指してLoveの翻訳語がつくられたのは、ほんの一世紀前にすぎない。社会、個人、自然、権利、自由、彼・彼女などの基本語が、幕末―明治期の人びとのどのような知的格闘の中から生まれ、日本人のものの見方をどう導いてきたかを明らかにする。

ジャンル
職業/技術
発売日
1982年
4月20日
言語
JA
日本語
ページ数
169
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.1
MB

柳父章の他のブック