• ¥300

発行者による作品情報

彼女がちょっかいを出す18歳の夏の終わり


片岡義男の小説の登場人物たちは、18歳という若さにあっても、巧みにステーション・ワゴンを操作する。

法的にも許される年齢なのだから当然だ、とでも言うように。

そしてそのステーション・ワゴンは都合によってあっさり譲渡される。

しかし女と男の関係は・・・・・・

三角関係、というのではなくて、女が男2人にちょっかいを出す、という仕方で暮れていく18歳の夏がある。友人同士である男たちは翻弄される、のとは少し違う仕方で、しかし彼女の言うがままになる。

そういう18歳の、夏の終わりの3人の物語。


【著者】

片岡義男

1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
39
ページ
発行者
株式会社ボイジャー
販売元
Voyager Japan, Inc.
サイズ
770.4
KB

片岡義男の他のブック