• ¥550

発行者による作品情報

フランス自然主義を代表する文豪モーパッサンが、30歳で発表したデビュー作「脂肪の塊」と、その翌年に発表して不動の地位を得た「テリエ館」の、中編2作。ともに、世間からは卑しめられる娼婦が、心の底には清純なものを持っていることを、辛辣な人生観と温かい人間愛で描き、読者を魅了する不朽の名作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1978
6月28日
言語
JA
日本語
ページ数
128
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
443.7
KB

モーパッサン & 新庄嘉章の他のブック