自刻像 自刻像

自刻‪像‬

    • 4.0 • 2件の評価
    • ¥1,800
    • ¥1,800

発行者による作品情報

家族、映画、事件。赤裸々な告白

「次の生き方を模索するために、過去の自分に会う旅をしました。」(著者のことば)


2020年9月に大麻取締法違反容疑で逮捕されて以降、活動を自粛してきた俳優・伊勢谷友介の語り下ろし.


映画復帰第1作となる『ペナルティループ』が2024年3月に公開されるのを前に、これまで歩んできた人生の様々な場面(シーン)について、率直に語った。


幼少時代を過ごした北海道・函館の記憶、東京芸大入学、沖縄・渡嘉敷島やインドへの旅、複雑な家庭環境、齢の離れた異母兄・山本寛斎氏との交流、映画にかける思い、東日本大震災の際の活動、そして事件について。

自ら語ったさまざまなエピソードから、ひとりの人間の像が刻まれていく――そんな一冊だ。


【著者のことば】

「個の命は種の存続の為にある」ことに気がついてから、地球上で唯一、自らの未来を壊す生物である愚かな我々人類と、その社会の変革のイメージを育み、行動に変えることが僕の人生でした。それが出来なくなった今、次の生き方を模索するために過去の自分に会う旅をしました。他人や社会のために生きるのではなく、自分のための時間の使い方を探しに、過去の自分と向き合う旅です。お付き合いいただければ幸いです。


【本書「警視庁湾岸書」の項より】

2020年9月8日の午後3時すぎ。ちょうど映画撮影の休日だったこの日、気分転換にスケートボードをしに出掛けようとしていた時だった。

玄関を出ると、外に待ち構えていたのは10人以上もの男たち。まるで映画やドラマのワンシーンを切り取って貼り付けたかのような違和感のある光景。警察官だと気づくのに、時間はかからなかった。

「伊勢谷友介さんですね」

捜索差押許可状を見せられ、彼らの目的がわかった。

「警視庁組織犯罪対策5課です。これより家宅捜索を行います」

そのまま部屋に戻り、すぐに家宅捜索が始まった。

リビング、寝室、クローゼット。捜査員は手分けして各部屋に入り、棚や引き出しをかたっぱしから開けていく。きれいに片付いていたはずの部屋は、たちまち、引き出しから取り出された物で溢れかえった。

ほんの数分前まで、一人でくつろいでいたこの部屋が、自分が見たこともない空間になっていく。でも、僕が部屋の中の物に手をつけることは一切許されない。部屋の隅に立って、警察官の動きを見ているうちに、めまいを覚えた。目の前で起きていることは、現実のものなのか。

「テーブルの引き出しです」

僕はそう言った。(以下略)

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2024年
1月26日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
22.6
MB