• ¥770

発行者による作品情報

現場から、渾身の提言!
憲法第9条の下、専守防衛の軍として戦後、一発も実戦で撃たなかった自衛隊。集団的自衛権行使と国連PKOでの武器使用拡大路線で、自衛隊の役割はどう変わるのか。日米同盟と憲法のはざまで、悩みながら海外派兵の実務を仕切ってきた元防衛官僚が、発足以来60年の矛盾に向き合い、拙速な法改正に異を唱える。どんな大義のために殺し殺されるリスクを負わせるのか、国民の覚悟を問う一書。

[内容]
第一章 自衛隊を取り巻く矛盾
1 自衛隊と「国民」をつなぐ
2 変わりゆく時代のなかで
3 矛盾の限界
第二章 鼎談・前線からの問題提起
1 政治の論理と現場の乖離
2 好戦的に変わったPKOと、自衛隊員のリスク
3 憲法と集団的自衛権
4 誰が責任をとるのか
5 日本はどう貢献するのか
第三章 いまこそ自衛隊から平和を問い直す
1 国民の期待と自衛隊内の不満
2 リスクを理解しているか
3 日米同盟を考え直す
4 イラク派遣の成果
5 海外派遣の課題
6 政治と自衛隊、憲法の論点

ジャンル
政治/時事
発売日
2015
9月11日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
NHK出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
958.3
KB

柳澤協二の他のブック