自閉症の僕が跳びはねる理‪由‬

    • 3.9 • 79件の評価
    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

「僕が跳びはねている時、気持ちは空に向かっています。空に吸い込まれてしまいたい思いが、僕の心を揺さぶるのです」(本文より)
人との会話が困難で気持ちを伝えることができない自閉症者の心の声を、著者が13歳の時に記した本書。障害を個性に変えて生きる純粋でひたむきな言葉は、当事者や家族だけでなく、海をも越えて人々に希望と感動をもたらした。世界的ベストセラーとなり、NHKドキュメンタリー「君が僕の息子について教えてくれたこと」でも放映された話題作、待望の文庫化!
デイヴィッド・ミッチェル(英語版翻訳者)による寄稿を収録。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016年
6月18日
言語
JA
日本語
ページ数
83
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.1
MB

カスタマーレビュー

Kkkkkkkkkta

新たな気づき

自閉症に対する考え方を180度変えてくれた。いかに狭い視野でしか物事を考えていない事を痛感した。短編小説は素晴らしく、何度も読みたい、噛み締めたいと思う内容だった。

1番太陽を見ている向日葵

勇気。

心が苦しくなるくらい、わたしは自閉症の子供のこと理解できなかったんだなと思いました。素直な言葉を読むと涙が溢れて、、もっと道はあると希望をもらえました。前を向いて子供と歩いていけそうです。この本と出会えて本当によかったです。ありがとうございます。

東田直樹の他のブック

2016年
2014年
2017年
2017年
2020年
2019年

このシリーズの他のブック