• ¥650

発行者による作品情報

この作品は、日本人の運命と日本の針路を決定づけた「二・二六事件」から十数年間の歴史をつづったもので、執筆に五年の歳月を費した。日本の動きだけでなく、世界史のなかの日本という視点に立って書いた。いいかえれば、ヒットラーやルーズベルトが何を考えたかによって、わたしたち日本人の運命も変わってきた。戦争を知らぬ世代にも経験してきた世代にも読んでいただきたいと思う。 三好徹

ジャンル
小説/文学
発売日
1988
7月25日
言語
JA
日本語
ページ数
408
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1
MB

三好徹の他のブック

このシリーズの他のブック