発行者による作品情報

明治と大正時代日本の作家、森 鷗外(もり おうがい、1862年2月17日 - 1922年7月9日)は日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。この作品は底本の「高瀬舟」では日本の小説・文芸としてまとめられている。 初出は「中央公論」1912(大正元)年10月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1916
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
17
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
33
KB

森鴎外の他のブック